お気軽にお問合せください
9:00~19:00(日曜9:00~14:00)
定休日:水曜

ご予約・お問合せはこちら

043-463-6266
お問合せ・ご相談フォームへ

側弯症でやってはいけないこと

曲がった骨を強く押さないことです

側弯は背骨だけではなく肋骨も歪みます

側弯症は、背骨が曲がっているだけではなく背中の肋骨も歪んでくるのが特徴です。

前屈すると、左右の片方のほうが盛り上がって見えます。

そちらの盛り上がっているほうが、筋肉や関節・肋骨の動きが固くなっています。

多くの方が、この固くなっている場所を何とかしようとしていることが感じられます。

自分で押し当てたり、人から押してもらったり、整体に行きその場所を強く押してもらう、もしくは強引に矯正するなど間違ったやり方をしています。

なぜ強く押すことはしてはいけないのか?

まずは、その背中の固くなっている場所を押しても改善していかないことだけを知っておいてください。

なのに強引に押していくことは無駄なことだけではなく、固くなっている背骨や関節・筋肉が強く押すことで痛める可能性があります。

そして、逆に側弯を悪化させてしまうことがあるのです。

 

なぜ強く押すと側弯が悪化してしまうの?

側弯の背骨の歪みは、筋肉の張力のバランスが悪くて出ています。

曲がっている骨を無理に押す、出ている骨を強引に押すことで側弯が余計に悪くなることもあるのです。

それは、筋紡錘という筋肉を守るセンサーが働くからです。

固まった関節や筋肉を急激に伸ばすと、反射で筋紡錘が働き筋肉を収縮して固くして守ります。

その固くなった筋肉を強引に伸ばしたり押したりすることは、関節や筋肉を傷めてしまい余計に固くしてしまうことがあります。

そのことで、背骨の動きがさらに悪くなることがあるのです。

 

今現在、そのような施術を受けているのであれば止めること

私はカイロプラクティック歴30年になります。

カイロプラクティックの様々なテクニックを学び施術をしてきました。

過去の経験から、強く押したり強引な矯正を受けていて改善していくケースがありません。

それどこらが、余計に体を傷めるとか側弯が悪化しれしまう例を見てきています。

子供たちが、側彎症を直したい気持ちで我慢して受けているのであれば、やめる事を検討して下さい。

正しい知識と経験があるものであればいいのですが、「ただ曲がったものを真っすぐにすればいい」という考えでやっているのであれば改善は難しいでしょう。

 

側弯は筋肉のバランスでおきています

背骨を支えているのは全て筋肉です。

筋肉の張力によって支えられています。

張力とは、左右の筋肉の引っ張る強さが同じことで、体が安定して背骨が維持されている状態です。

どっちらかが、強かったり弱かったりすると背骨が引っ張られて傾きます。

その筋肉の張力が、何かのきっかけで左右差が生じてきます。

そこの問題から気づいていき、それから改善に向かうことが出来ます。

 

関連するページのご紹介

こちらのページを読んだ方には、下記のページもよく読まれています。ぜひご一読ください。

お気軽にお問合せ・ご相談ください

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せ・ご予約はこちら

043-463-6266

受付時間:9:00~19:00(日曜9:00~14:00)                                                                              定休日:水曜

お気軽にお問合わせください

お電話でのご予約・お問合せ

043-463-6266

<受付時間>
平日9:00~19:00日曜9:00~14:00
※水曜日は除く

フォームでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

新着情報・お知らせ

2024年4月1日
4月は毎週水曜と29日はお休みとなります
2024年3月30日
ブログのページを更新しました
2023年4月12日
「当院概要」ページを更新しました

ぱんだ整体院

住所

〒285-0837 千葉県佐倉市王子台1-21-15協伸ビル1F

アクセス

京成臼井駅徒歩3分 駐車場:2台あり

営業時間

平日 9:00〜19:00
日曜 9:00〜14:00
メールでのお問合せは24時間受け付けております。

休業日

水曜日

お問合せ

お気軽にご連絡ください。

043-463-6266
お問合せフォーム